素敵な注文住宅で楽しく過ごす【家族を繋ぐ家を建てよう】

不動産

高齢化が進んでいる

家

少子高齢化が進む日本ですが、東京は依然として人口が増加しています。高齢化の進展によって高齢者にとって一戸建て住宅の維持が難しくなっています。葛飾区でも駅周辺にマンションの建設が増加しており、高齢者が一戸建て住宅からマンションに転居するケースが増加しています。中古一戸建てはファミリーの一次取得者にとっては魅力のある商品になっています。子育てが終わった高齢者の使用していた中古一戸建て住宅は、家族構成の変化で売却したわけですから、間取りはファミリー向きになっています。葛飾区は典型的な下町ですが、都心への通勤や通学が便利なので人気の地域です。葛飾区のように下町の中古一戸建ては、山の手の中古一戸建てに比べると割安になっています。

以前であれば、長い間中古市場は物件が少なくて厚みがあったとはいえませんでした。しかし、最近は高齢者の一戸建て住宅の売却が加速しているため、中古住宅市場の厚みが加わってきました。葛飾区も高齢者の増加によって中古一戸建ての取引が増加しています。現在はリフォームの技術が以前に比べて格段に向上していますので、中古住宅を購入してもリフォーム次第で新築と同様の住宅に住むことが出来るようになりました。構造壁などは取り壊せませんが、部屋の間取りの変更についても従来より格段に自由度が増しています。中古一戸建てを購入する時には、どの程度の耐震強度があるのかを確認しておくと良いでしょう。耐震強度が不十分な場合は、耐震補強を行なっておくと、万が一、地震に見舞われた時でも、家の崩れるリスクを軽減することができるので安心です。リフォーム資金に耐震強度の工事費用も含めて考えるようにしておくと良いでしょう。