素敵な注文住宅で楽しく過ごす【家族を繋ぐ家を建てよう】

不動産

一戸建ての売買動向とは

一戸建て住宅の売買動向

不動産

東京の中でも足立区は物価が安く、また都心への通勤なども便利な人気の住宅エリアです。そのために中古一戸建ての住宅売買は活発に行われています。地価の上昇を背景として、新築物件の価格も上昇傾向にあります。そのために、中古一戸建ての取引市場は拡大しています。また、購入と同時にリフォームやリノベーションを行うことで、住みやすい形に変えるような動きも増えてきています。たとえ物価が安い足立区とはいえ、新築物件は値段も高めに推移していることから、中古を購入することによりかなり費用の面では負担を減らすことができるわけです。さらに大型のマンション建設も増えているので、手に入る土地が少なくなっていることも傾向として見られます。

住宅の特徴

足立区で取り引きされる中古一戸建ては、まず基本性能の高さが特徴として見られます。断熱性能や気密性が高いことから、光熱費も削減することが可能となります。住宅購入においては物件価格の安さも大切ですが、購入後のランニングコストも大きな要素となります。さらに足立区の物価の安さは生活費を抑えたい世帯にとっても住みやすい地域となります。そのために、中古一戸建てにますます人気が集まることになっているわけです。さらに工法にも工夫が凝らされていることにより、リノベーションも施しやすくなっています。注文住宅として建てられた物価であっても、新たな購入者にとって住みやすいように内装などを作り変えることが可能となっています。