素敵な注文住宅で楽しく過ごす【家族を繋ぐ家を建てよう】

不動産

狭小地での住宅建築

土地の特徴

案内

大阪でも大阪市内やその周辺というと住宅が建築できる土地も狭ければ住宅までの道も狭いところが多いという特徴があります。こうしたところで戸建住宅を建築する場合注文住宅のメリットが最大限生かされるのです。規格住宅はある程度広い土地に建築する場合安く手に入れることが出来ますが土地の大きさが限られていたり四角い土地ではなく変形地の場合どうしても無駄なスペースが生まれてしまうのです。とはいえ大阪のように土地も道路も狭いという立地に注文住宅を建築する場合建築費用の中に狭小地割増や小運搬費といった費用が別途かかってきます。これらの費用は広大な土地に住宅を建築する場合には必要のない費用といえます。これらの費用は建築地の前の道路幅が広くてもその途中に一部でも道路幅が狭い部分があり、その道以外に運搬道路がなければ上乗せされる費用なので注意が必要です。

狭小地割増や小運搬費とは

狭小地割増や小運搬費というのは建売住宅の場合販売価格にこうした価格も含まれるので別途請求されることはありません。しかし注文住宅の場合あくまでも業者側に都合がよいトラックや作業車での搬入を基本として費用を算出しています。ですからトラックや作業車を狭い道路幅でも通行可能な小さいサイズにした場合それだけ往復回数、出動台数は増えます。台数が増える場合当然、運転手も余分に必要になりますし、必要な燃料も増えます。こうした理由により割増費用を請求されるのです。もちろん大阪の市内でも建築現場までの道路幅員が十分に確保されている立地の場合こうした費用は必要ありません。反対に大阪市周辺以外でも道路幅員が狭い場合こうした費用を請求される可能性はあります。また、通常は建築会社ごとに標準価格を算出する際のトラック等の大きさは決まっています。決まった大きさというのも建築会社ごとに異なるので注意が必要です。狭小地を購入し注文住宅を建築する際にはこうした余分な費用がかかるかもしれないことを念頭に土地選びをする必要もあります。

人気の裏に地元住民の努力

家

足立区は交通の便が更に良くなり、大学のキャンパスの開設も増え、しかも地元住民の努力により防犯対策と緑化計画が強化されています。そのため、以前に比べて住環境が飛躍的に改善されました。今では足立区に新築一戸建てやマンションを求める方々が増えています。

この記事を読む

一戸建ての売買動向とは

不動産

足立区では中古一戸建ての需要が高まっています。地価の上昇を背景として新築物件の価格も上昇しています。物価が安く住みやすい足立区で、中古一戸建てを購入してリノベーションなどを前提とした購入が増えているのが特徴です。

この記事を読む

高齢化が進んでいる

家

高齢者の増加により、一戸建てからマンションへと移動するケースが増加しています。葛飾区でも同様な動きがあり、葛飾区の中古一戸建ては山の手地域と比べて割安となっているので人気となっています。中古戸建ては安く、自由度の高い良い物件であるといえます。

この記事を読む